楽器輸送 ハープ

先週、高級ハープ の輸送をさせていただきました。

東京麻布~沖縄の個人宅へ輸送とのことで、2tトラック2名作業でした。当日、麻布のマンションに伺い大型ハープを簡易コンポしてエレベータでエントランスまで下ろし、事前にメーカーから取り寄せていた専用のハードケースに緩衝材をいれて梱包させていただきました。

沖縄輸送の場合、トラックで九州まで輸送するより、有明港から那覇港までフェリーで輸送する方が割安となるため、お客様にご提案させていただき喜んでいただきました。

当日、台風でフェリーが欠航するなどトラブルなどありましたが、海上輸送の場合リスクヘッジを考えスケジュールに余裕を持たせていたため、麻布~有明港⇒(フェリー)⇒那覇港~沖縄県うるま市の個人宅に予定通り搬入完了となりました。

楽器の輸送は、吹奏楽部の楽器をトラック輸送で手馴れておりますが、梱包さえしっかりしていれば、フェリーを使った輸送も割安な場合があります。

弊社では、お客様のご依頼に対し、丁寧にヒアリングさせていたくことにより、ベストな輸送手段をご提案しております。

楽器、高級家具、美術品の梱包・輸送は、全国に実績のある武蔵通商にお任せ下さい。

 

カテゴリー: blog

お客様のお品物を安全にお届けするために…

いつもご覧頂きましてありがとうございます。

皆様が、輸送の依頼をした時の評価は、何で決まりますか?

弊社では、お預かりしたお品物を安全に、そしていち早く目的地まで輸送するのはもちろんの事、他にも大切にしているものがあります。

作業を引き受けてから一番最初に行う事、現地調査を行い安全に搬出、積込する為の計画を立案、つまり現場の情報を把握することです。
それら怠ると、スムーズな作業は成り立ちません。

「段取り八分」とは言いますが正にその通りです。
ゴールまでの最短距離を構築すべく、段取り八分を心がけるようにしています。

こうした準備、段取りが、実際の作業で、臨機応変に状況にあわせた対応を可能にし、スムーズな作業へと繋がる。
数多くの経験によって培われたノウハウがある弊社だからこそ、可能であると自負しています。

 

これからも美術品・楽器・高級家具物流.comは、お客様の代わりに大事な商品をお届けするという気持ちをもって、安心安全・高品質の輸送に取り組んでまいります。

カテゴリー: blog

ゲーム機の輸送

こんにちは。宮辺です。

いつもお読みいただきましてありがとうございます。

以前ご依頼のあった案件で、アンティークのアーケードゲームを展示する為、長野県から長崎県佐世保市にあるテーマパークまで輸送して欲しいとのご依頼がございました。 他の業者さんにもお問い合わせしたところお断りされたようで、展示の日にちも近づきお急ぎのご様子でした。

無事受注をいただき、後日2名対応でお伺いしました。

機器の表面は傷がつかぬよう、エアキャップ(通称:プチプチ)でしっかり梱包した上、修理のきかない精密な機器なので振動・衝撃を与えないように、エアサス仕様の4t車にパワーゲート(リフト)で持ち上げて車載しました。

安全に持ち上げ車載したら、走行中に車の中で暴れたり荷崩れを起こさない様に、ベルトで車体に固定します。しかしながら、せっかくの精密機器輸送用の特注車両でも、扱う人が雑だったり、雑に車載していては荷物にダメージを与えてしまいます。

その点は豊かな経験を誇るスタッフがダーメージを受けぬようしっかり荷締しますのでご安心ください。

無事に予定通り時間内に輸送、設置を完了し、問題なく作業終了いたしました。

他の業者さんにお断りされ、お困りの節は是非美術品・楽器・高級家具物流.comにご相談ください。

お問い合わせお待ちしております!!

カテゴリー: blog

最近の問い合わせについて

こんにちわ、岩田です。

今日は最近の問い合わせなどについて

お話したいと思います。

最近、ご相談頂くのが亡くなられたご家族の遺品を

地方の親族へ送りたいといった問い合わせが多く

あります。

故人が好んで収集していた絵画や掛け軸などを

輸送するにあたり、どのように梱包したら良いか

輸送方法はどのようにしたら良いかなど取扱い

に困り連絡を頂くケースが目立ちます。

また、大量にある場合、保管先に困りご相談される

ケースもあります。

もし、同じように悩まれている方がいらっしゃいましたら

梱包・輸送・倉庫保管それぞれ対応しておりますので

遠慮なくご相談下さい。

 

 

 

カテゴリー: blog

絵画の窓入れと設置作業

こんにちわ、岩田です。

今月はじめ絵画の窓入れと設置作業を行いました。

海外から輸入されてきた絵画を2階の窓から入れ込み

壁へ設置するという内容です。

当初、他の業者へ相談したらしいのですが下見に来た

際に断られてしまい困っていたそうです。

要因としては1700×1700程度の大きさですが表面に

曇りガラスが張られている事、またそれが理由だと

思いますが重量が60k程度ある事、建屋内の階段が

利用できず窓入れになる事、高額な作品である事など

の理由が考えられます。

当社としても無事に搬入できるか、また、60k程度の

絵画を確り固定できるかがポイントとなりましたので

下見と確認を重ね、協力会社と連携のうえ作業を行い

ました。

2階の窓入れ時に多少時間がかかりましたが、無事搬入

設置する事ができました。

この様に窓からの搬出入なども対応しておりますので

お困りの際はご連絡下さい。

 

 

 

カテゴリー: blog

某大学土器梱包

埼玉県にある某大学様より土器の梱包輸送のご依頼がございました。

総額で数百万する土器で点数は11点ありました。土器にもいろいろと種類がございますが、輸送中にちょっとした振動で亀裂が入る可能性も否めません。

お客様も依頼はしたが、不安という方も中にはおられます。

そういった不安を少しでも解消するにはどうすれば良いか、私たちは日々考えております。

今回は梱包する前の土器の保存状況と梱包されていく土器を画像に残しました。

お客様が大切にしている土器が、どのような流れで梱包輸送されていくのかお客様がわかるようなサービスをすることで、少しでも安心していただけるのではという思いから作業いたしました。

このようなサービスを提供するのも私たちの仕事の一貫です。

私たち美術品・楽器・高級家具物流.comは原動力となる言葉を胸に様々な梱包輸送をするとともに完璧な仕事を今後もしていきます。

 

 

カテゴリー: blog

雉の剥製の輸送梱包

先月、雉の剥製を埼玉県上尾市の個人宅から川口市の某小学校まで輸送するご依頼を頂きました。

600×600×1000mmのガラスケースに入った雉の剥製で40年ほど前にご友人からお祝いとして贈呈されたというお話を伺いました。

お客様が大切に保存されていましたが、今回は小学校に寄贈するということでしたので、保存状態が良い、雉の剥製を弊社のほうで梱包輸送させていただきました。

無事に輸送が終わった後、お客様から『ありがとうございますっ』というお言葉を頂きました。

私たち美術品・楽器・高級家具物流.comは原動力となる言葉を胸に様々な梱包輸送をするとともに完璧な仕事を今後もしていきます。

 

カテゴリー: blog

書道の額縁輸送

NPO生活の発見会 様のご依頼で額縁の輸送を3点いただきました。

サイズは、45×160 ・ 41×43 ・ 36×39 の3点。1人で運べる軽いものということなので、1人作業のバンで墨田区から港区までの輸送のお見積りを出させていただきました。

引き取り先の墨田区の事務所で、簡易コンポとしてエアキャップを1点、1点丁寧に梱包させていただき、大切に車に積み込み、港区の慈恵会医科大学 へ輸送させていただきました。

予定通り時間内に輸送完了し、問題なく作業終了いたしました。

絵画・美術品、楽器、家具の輸送は武蔵通商((株))にお任せください。

 

 

 

カテゴリー: blog

『池田学』絵画輸送

今年の夏、河合塾美術研究所様のご依頼で池田学作の絵画「再生」を輸送させていただきました。

河合塾美術研究所Gallert Kart開廊5周年特別展として、卒業生でもある世界に誇るアーティスト・池田学さんの作品展が行われました。ペンとインクを用いた超細密画で、これまで数々の芸術賞を受賞し、高く評価される池田さんは、メディアにも多く取り上げられるなど広く認知され、たくさんのファンを獲得されています。

毎日8時間描いても、完成には1~2年かかるという池田さんの作品は、下絵を描かず、おもいつくままにペンを刻み、やがてそれが、ひとつのテーマ、ひとつの世界へ収れんします。

学芸員の立ち会いのもと輸送前に梱包された作品を取り出し、作品を確認させていただき再梱包し、浜松から新宿まで約8時間かけて輸送させていただました。

作品展にも伺わせていただいたのですが、非常に繊細で迫力があり生命感が湧き出るような印象を受け、素人目にもわかりやすく感じました。IMG01194 池田学

お客様からも「”丁寧、正確、安全”に輸送していただきありがとうございました。他の先生にも武蔵通商を勧めておきました」というお言葉をいただきました。

絵画の輸送は、是非、武蔵通商におまかせください。

 

 

 

 

カテゴリー: blog