【アンテーク家具 梱包】美術品・楽器・高級家具物流(梱包・輸送・保管)comブログ

弊社ではアンテーク家具の輸送配送作業も行っておりますが、梱包作業も行っております。

梱包といっても色々あるのですが、今回お問い合わせいただいたのが海外向けの梱包のご依頼で、木箱梱包になります。

商品を4tゲート車に引取り、弊社の梱包工場で海外向けに梱包させていただき港へ倉入れという流れになります。

出荷先が同じであれば、商品をまとめて1つの木箱に梱包させていただくことも可能になるので輸送料金もおさえることができます。

何か輸送や梱包のことなどでお困りのことがございましたら、是非美術品・楽器・高級家具物流(梱包・輸送・保管)comまでご相談下さい。

カテゴリー: blog

【楽器輸送 合宿】美術品・楽器・高級家具物流(梱包・輸送・保管)comブログ

Orchestra drums isolated on white background 3D rendering

吹奏楽部の楽器輸送が本格化してきました。

学校もこれから入ってくる時期でありますが、避暑地をもとめて河口湖や苗場などで合宿を組んでおられます。それに伴い弊社でも楽器輸送を合宿場まで輸送させていただいております。

今年は特に暑いので、長距離を走るとトラックのなかも、かなり暑くなります。

弊社では、2段の棚を付けて楽器がたくさんつめるようにしたり、ご依頼によっては空調での輸送をさせていただいたりしております。

生徒さんは、大型バスで移動してそれにますので、ほぼ同じ時間に到着しますが、

運行規定により、休憩やなど取ることがありますので、ドライバーと先生と連絡を取り合いながら合宿場での到着となります。

何か輸送や梱包のことなどでお困りのことがございましたら、是非美術品・楽器・高級家具物流(梱包・輸送・保管)comまでご相談下さい。

カテゴリー: blog

【装置通い箱の包装設計について】美術品・楽器・高級家具物流(梱包・輸送・保管)comブログ

こんにちわ。業務部 五十里です。

雨が降り梅雨の逆戻りした様な気候ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

湿度が高いので、隠れ熱中症になる方も多くいらっしゃるとのことで、水分補給はマメに行って十分気をつけて下さいね。

さて本日のお話は、特殊輸送用通箱(海外輸送対応品)包装設計についてのお話です。美術品とは少々異なりますが、包装設計する為の考え方などは基本的に同じです。壊れないことは絶対条件で、梱包のしやすさ、見た目、使い勝手、木箱自体の重さなど細部にまでこだわった木箱を作製しました。

 

【 海外輸送用特殊ケース(合板仕様)仕様詳細 】

(お客様からの要望事項)

・出来るだけ軽くして欲しい。

・素人でも簡単に梱包出来る仕様にして欲しい。

・複数回の使用でも破損等が出来るだけ少なくなるような強度を確保してほしい。

・海外輸送を考慮し、ケタをつけて欲しい。(複数回使えるものにして欲しい)

(弊社が考えた製品仕様)

・全て合板を使用して木箱を作製。(海外輸出にも対応)

・緩衝材は極力少なくし、必要な箇所に必要な分だけを設置。(無駄なスペースの排除)

・中に入れる装置を前後逆に置いた場合でも木箱にきちんと納まる設計。(作業の効率化)

・フタをかぶせるだけで梱包が出来る簡単設計。(時間の短縮)

・フタ部分もパッチン錠で固定し、釘などを使用しない設計。(海外輸送時には、付属のベルトも使用)(作業の合理化)

・重量も大人二人で軽々運べる12kg(木箱重量)程度で作成。(労力の軽減)

 

上記の内容を踏まえて包装設計し作成した木箱が下記のものとなります。(外観)

お客様から非常に使いやすい(梱包しやすい)ということと、見た目のセンスがいいとうれしいお言葉を頂戴することが出来ました。

お品物の向きを気にしないで梱包出来るところもすばらしいと言われました。

(実際のお品物には上下があり、決まった方向でしか今までは梱包出来なかった)

 

私たちはお客様の目線に立ち包装設計をしてお品物を作成いたします。

木箱・強化ダンボール、プラダン、ジュラルミンケース、用途に応じたケースを考案致します。

美術品他、輸送のこと梱包のこと、持ち運びが出来る簡単なケースが欲しいなどの要望等がございましたら 美術品・楽器・高級家具物流(梱包・輸送・保管)comまでご連絡下さい。

一緒に解決策を探しましょう!

カテゴリー: blog

【灯篭梱包移設作業】美術品・楽器・高級家具物流(梱包・輸送・保管)comブログ

こんにちは、業務部 五十里です。

久しぶりの投稿ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?梅雨も6月であけてしまい、体が対応しきっていない状態でのお仕事が続いていると思いますので、体調管理には十分注意して下さいね。

さて、今日のお話は銅製の灯篭を梱包・移設作業をしたお話をさせてもらおうと思います。

 

灯篭梱包移設作業詳細

埼玉県狭山市にあるお寺様に設置してある銅製の灯篭4基を、東京都港区にある増上寺様へ移設して欲しいといった内容でした。

灯篭の細かい造りはそれぞれ違いますが、大まかな大きさ及びコンディションは以下の通りです。

・1450(L)×1450(W)×2660(H)㎜

・灯篭は5分割されるとのこと。外で保管・管理していた関係上、部分的にひび割れや腐食している箇所も見受けられた。また東日本大震災の影響等もあり、接合部に欠けなどがあり、土台の石の中心に灯篭が設置されていないものもあった。

上記の灯篭を安全に且つ確実に輸送する為に弊社が行った作業は、パーツごとに防振木枠梱包を施し段積厳禁にて輸送するという方法でした。(木枠で安全に輸送するために包装設計時において緩衝材を腰下設置面及び負荷材部分などに設置し灯篭へのストレスを極力減らす努力をいたしました)

25tラフター(大型クレーン)を使用しての搬出だったのですが、移動する際にも一度木枠の腰下へ灯篭を設置し、仮固定後に吊って移動といった安全面には最大限に配慮した作業を心がけて行いました。

結果、搬出作業は順調に進み、予定していた作業工程で作業を終了することが出来ました。最後にお寺様の住職様にも現場を確認してもらった際に、「非常に無駄のない作業と安全面に配慮てくれていたこと、そして清掃までしてくれたことに深く感謝いたします」と、非常にうれしいお言葉を頂戴することが出来ました。

数日後、狭山のお寺様から梱包し引き上げた灯篭(木枠にして16c/s)を、東京都港区にある増上寺様への移動作業が行われました。

増上寺様側ではまだ設置場所の工事が終わっていないとのことで、増上寺様のご指定の置き場にて一時保管するとのことで、そこまでの搬入作業でしたが、最後まで気を抜かず搬入経路の確認から段差や振動などが伝わってしまう恐れがある箇所などには養生などを敷くなどして対応し、無事に最後まで作業をすることが出来ました。

増上寺様の部長様からも「武蔵通商さんへ頼んでよかった」と本当にうれしいお言葉を頂戴することが出来ました。「灯篭設置作業時にも是非お願いします」と次の仕事までご予約(?)をいただくことが出来ました。

お客様の期待以上のお仕事をする、そうしたことを繰り返していくことで私たちの信用・信頼が今後増えていくのだと思っております。

何かお困りのことなどがございましたら、美術品・楽器・高級家具物流(梱包・輸送・保管)comまでご連絡いただければと思います。

カテゴリー: blog