【和紙のオブジェ出張梱包】美術品・楽器・高級家具物流(梱包・輸送・保管)comブログ

こんにちわ♪

業務部 五十里です。

秋もあっという間に過ぎ去ってしまい、冬本番といった気温が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか?体調管理には十分にご注意下さいね。

さて、今日のお話は和紙で出来た繊細なオブジェを海外へ出荷するための梱包をさせていただいたお話です。

以前は木箱で梱包し出荷していたとのことでしたが、木箱自体のコストが高いだけではなく輸送費用も多くかかってしまって困っているとのことでした。そこで今回ご提案したのが、強化ダンボール梱包でした。ダンボール製だからといって決して強度が弱いわけではなく、お品物も確実に固定できる包装設計を施し、また2個口の予定だったものを一つにコンパクトにまとめました。

作業終了後、お客様から下記のようなうれしいメールもいただくことが出来ました。

 

お世話になっております。

先日はどうもありがとうございました。

自己流の梱包でそのまま送付すると壊れてしまわないか心配だったのですが

プロの方に丁寧に梱包していただいたおかげで安心して香港に送り出すことができました。

また、小さく梱包していただいたおかげで、送料もだいぶ浮きました!

(もともとの木箱で送ると送料 ●●万円かかってしまう計算だったので。。。)

次回も是非よろしくお願いいたします。

 

私たちは、上記の様なお言葉が一番の特効薬となり、力となります。

美術品梱包や輸送のことなど何でも結構です、お困りのことがございましたら美術品・楽器・高級家具物流(梱包・輸送・保管)comまでご連絡をいただけたらと思います。

下記は梱包後の画像となります。梱包詳細はお見せすることは出来ないのですが、カートンに手を加えお客様の目の前で加工した努力の結果を見て取れると思います。(現場でお客様の要望を聞き入れ急遽、特殊加工を行いました。2コ口→1コ口への変更等、梱包仕様の変更、キャップを板ダンボールから作成し、A式の箱をかさ上げしました)

IMG_4196